肌の潤いとテカる

肌の潤いはあるのに「テカる」といった方はいらっしゃいませんか?

肌がテカる原因は、インナードライ肌が原因かもしれません。

ここでは、肌の潤いはあるのに、保湿をしてるのに「テカる」といった原因や、ケア方法をご紹介していきたいと思います。
ぜひ、参考にしてみてください。

肌の潤いがあるおに、テカる原因をまずは知ろう

肌のケア方法や、保湿などを気にする前に、まずはテカる原因、いわゆる根本原因を知る必要があります。

なぜ、肌が潤っている状態なのに、肌がテカるのでしょうか?

テカる原因は、簡潔に申し上げますと、毛穴から過剰分泌される皮脂にあります。

そして、肌がテカるのは「オイリー肌」と「インナードライ肌」の2種類に分かれます。

オイリー肌というのは、何かしらの原因によって皮脂が過剰分泌していることです。
お肌の表面の皮脂量と水分量が多く、毛穴が開きやすい状態のことを指します。

一方、インナードライ肌というのは、見た目はオイリー肌と似ていますが、お肌の内側が乾燥してしまっている状態のことを指します。

オイリー肌は、保湿厳禁!

オイリー肌の場合、お肌が潤いすぎている傾向にあるため、保湿を行ってしまってはテカる原因に繋がってしまいます。
そのため、割と淡白なスキンケアをおすすめします。

また、オイリー肌の方の特徴として、洗顔のし過ぎといった場合があります。

ある程度必要な皮脂は残しておかなければいけないところを、必要な皮脂まで汚れと一緒に落としてしまうためにオイリー肌に陥ってしまう場合があります。

ですから、洗顔方法と日頃の食生活やストレスを溜めこまないなどといったことが重要になります。

インナードライ肌は保湿で改善される!

インナードライ肌の場合は、保湿でテカりを改善することができます。

インナードライは、お肌の内側が乾燥しているため、保湿をすることが重要です。

昨今のスキンケアアイテムは、油分が含まれているものが多く、お肌の奥まで浸透することができません。

肌の内側が乾燥してしまい、インナードライ肌になってしまうということが多くあります。

インナードライの場合は、いったん油分の多いスキンケアアイテムはやめましょう。

水分をお肌に入れ込むことと、保湿を徹底し、そのフタ程度にクリームや乳液はとどめておいてみましょう。

そうすることで、インナードライ肌は改善されることが多いです。

インナードライ肌なのか、オイリー肌なのかの見分け方が分からない方は、以下を参考にしてみてください。

◎見分け方◎
インナードライ肌とオイリー肌の見分け方は、ズバリ洗顔後にわかります。

洗顔後、そのままの状態で放置し、すぐに皮脂が浮いてくるようであればインナードライ肌の可能性が高いです。

肌の潤い不足の原因となる行動を一切行っていないのに「お肌がテカる」といった場合はオイリー肌の可能性が高いです。

どちらか分からない場合は、インナードライ肌の対策から行ってみましょう。

それで改善されないようであれば、それはオイリー肌ですので、オイリー肌の対策をしていきましょう。