肌の潤いの方法

肌の潤いを保つ方法、あなたのケアのやり方はあっているのでしょうか。

ここでは、肌の潤いについて、間違えた保湿の方法、正しい保湿の方法。
その他やっておいた方がいいことなどをご紹介していきたいと思います。

実は、間違えている肌の潤いための保湿方法

今まで行っていた肌の潤いの保湿の方法が、もしもお肌に悪影響を及ぼしているとしたら、あなたはどうしますか?

以下のような方法で、ケアを行っていませんか?

・乾燥肌であるがゆえに、たっぷりと化粧水を使う
・化粧水を使用する際、パチパチとパッティングをする
・乾燥肌を対策するため、保湿クリームをたっぷり塗っている
・ニキビ・脂性肌であるため、油分の多いスキンケアアイテムは使わない
・自分に合った化粧品を長年使用している

上記の方法は、実は間違えた肌の潤いのケア方法といえます。

ただ、完全に否定をするわけではありません。

肌の潤いのための保湿の観点から見ると間違えているということです。

では、何がいけないのでしょうか?

たっぷり化粧水を使用したとしても、余った分は残念ながら浸透してくれません。
また、たくさん化粧水を使用しても保湿の効果が高まるわけでもないのです。

次に、パッティングをしてしまうという場合です。
お肌への摩擦などといった刺激になってしまうため、おすすめできません。

肌への刺激は、ますます肌の潤いを少なくしていってしまいます。

化粧水は手のひらに広げて、お肌に押し当てるようになじませるのが正しい方法になります。

次に、保湿クリームをたっぷり塗るといった場合です。

乾燥しているお肌にクリームをたっぷりということなので、効果を発揮してくれません。

乾燥しているお肌が求めているのは水分と保湿成分になるため、クリームでは効果が期待できないのです。

次に、ニキビ肌や脂性肌の方がテカリなどで悩んでいる場合は、その裏側に乾燥といったトラブルが隠れていることがあります。
そのため、化粧水だけでは足りず、保湿をしっかりと行う必要があるのです。

最後に、自分に合った化粧品を長年使用しているといった場合ですが、生きている年数は本当に長いものです。

そのため、肌質が変わってきます。

使い始めのころは自分のお肌に合っていると思っていても、年齢を重ねるとともに肌質が変わり、その化粧品は合わなくなっている可能性が高いです。

肌の潤いのための正しい保湿の方法とは?

「化粧水だけでもダメ」「保湿クリームだけでもダメ」だったらどうしたらいいのでしょうか?
それは、とても簡単です。

まずは。化粧水をお肌に浸透させます。

そのあとで、美容液で保湿できるものがあるかと思いますので、美容液を使用します。

セラミドが配合されている美容液がおすすめです。

そのあと、乳液でしっかりとフタをしてあげるのがポイントになります。

年齢を重ねると、この手順だけでは物足りなくなるかもしれません。
化粧水や美容液の後に、リフトアップ系のスキンケアアイテムを使用して、乳液やクリームでフタをするのがいいでしょう。

肌の潤いために、正しい保湿を心がけてくださいね。