肌の潤い不足の原因

肌の潤い不足で悩みを抱えていらっしゃる方は多いかと思います。

肌の潤い不足が乾燥肌の原因になるのを、あなたはご存知ですか?

乾燥肌の原因は、1つにとどまらないからこそ、困るものなのです。
それでは早速、乾燥肌の原因とその改善策をご紹介していきます。

肌の潤い不足による乾燥肌の原因は11個もある!

肌の潤い不足の原因は、一概に「コレ!」といえるものではないのが特徴です。

そこで、乾燥肌の原因をざっくりとご紹介していきたいと思います。

・加齢と肌質がそもそもの原因の場合
・女性ホルモンバランスの乱れや現象
・偏った食生活や睡眠不足などといったライフスタイル
・皮膚病などといった病気が原因の場合
・間違った洗顔やクレンジングが原因の場合
・間違ったスキンケアや化粧品の使い方が原因の場合
・紫外線によるお肌の酸化やダメージ
・外気の乾燥が原因の場合
・急激な温度や湿度の変化
・PM2.5などといった大気汚染が原因の場合
・花粉などといったアレルギー源の場合

肌の潤い不足の原因は、探せば11個もあるのです。

1つでも当てはまるものがあれば、乾燥肌の危険性がありますので注意です。

では、それぞれの対策を考えてみましょう。

肌の潤い不足の対策は、どうしたらいいの?

まず、肌質がそもそも乾燥肌に近い場合は、スキンケアで水分と油分のバランスをとり、保湿を徹底しましょう。

ホルモンバランスの乱れが原因の場合は、できるだけストレスを溜めず、リラックスできる時間帯を作るようにしましょう。

ファストフードなどもホルモンバランスを乱す原因となります。
ですので、極力控えるようにしましょう。

偏った食生活や睡眠不足といった部分は、仕事や受験などといったもののかねあいもあります。
見直せるところから、少しずつ見直せるようにしましょう。

皮膚病などといった病気が原因である場合は、自宅でのケアは難しいかと思われますので、皮膚科に通うようにしましょう。

間違った洗顔やスキンケアは、自分の肌チェックをしっかりと行い、最も効果が期待できる洗顔方法とスキンケア方法を探ってみましょう。

スキンケアや化粧品の使い方が間違えている場合は、販売元に問い合わせてみたりするのもいいかと思います。

紫外線が原因の場合は、日焼け対策が足りていない可能性がありますので、日焼け対策を万全に行う必要があります。

外気の乾燥が原因という場合は、防ぐことが難しいですが、代謝を上げておくことがポイントになります。

寒暖差での乾燥は、ブランケットなどといったアイテムや羽織ものを用意しておくなどといった対策をとりましょう。

大気汚染が原因の場合は、マスクを忘れずに装着し、できれば帽子などもかぶるようにしましょう。

アレルギーが原因である場合は、病院で処方されたお薬などを根気よく飲むことも大切ですが、クロレラがお勧めです。

原因と対策をご紹介しましたが、どうしても対処できないところもあるかもしれません。
その場合は、家族にも相談をするなどといったことも考えて一緒に対策を考えてみましょうね。

少しずつ肌の潤い不足を解消していきましょう。